2018年09月24日

ユウゼンギク(Symphyotrichum novi-belgii)花からタネへ

web_180924_S_novi-belgii_180920_180913_40_01_1200_PC_900.jpg


午前中音を立てて降ったりはしましたが、終日厚い雲に覆われています。秋分の日で昼と夜が同じ長さ、なのですが、ずっと夕方気分の一日です。16:10の気温18℃。気象レーダーを見るとこれから一時的に強い雨が降りそう。
ユウゼンギクの花が結実していく過程、という表現でいいでしょうか。採取してきたユウゼンギクをそのまま花瓶に挿していたら、結実してきました。舌状花は丸まりながらまだ落ちずに残っています。何かを説明できるわけではありませんが、これはこれで植物が創り出す素敵な形と色です。
2018/09/20
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 16:24| Comment(0) | Flowers

2018年09月23日

コナラ(Quercus serrata)堅果

web_180923_Q_serrata_FR_180917_02_02_300_PC_900.jpg


雲量からするとどっちかな?まぁ、晴れ。08:40の気温、19℃。今日も爽やかな秋晴れになりそうです。
コナラの堅果です。ドングリですね。
ミズナラは落下してすぐに発根します。コナラはどうなのでしょう?9月17日に苫東なごみの森で採取してきたコナラのドングリを、今朝ポットに直播きしきました。水浸もしていないし、虫食いも確認していないし、というアバウトな方法ですが、さてどうなりますか。
2018/09/17
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 08:51| Comment(0) | Fruit

2018年09月22日

エゾノコンギク(Aster microcephalus var. yezoensis)筒状花・舌状花

web_180922_A_m_yezoensis_FL_170916_41_01_300_L_PC_900.jpg


ほぼ一日中曇り。天気予報では午後から雨ということでしたが、雨は夕方から。いぶり自然学校・子どものための災害支援(東胆振svc)/【穂別SVC】の風倒木処理(お手伝い)に行ってきたのですが、作業中は降られずにセーフ。22:00の気温、15℃。
エゾノコンギクの筒状花と舌状花です。
舌状花は雌しべだけ。キク科の筒状花の雄しべは、花糸があってその先に葯がついていて、というようには見えません。ちゃんと観察するには実体顕微鏡の世界になりそうです。
総苞片の画像がまだ。明日、探せるかなぁ…。
2017/09/16
posted by Satoshi SONDA@ARCS at 22:15| Comment(0) | Flowers